医療脱毛の痛みについて。痛みに強いと思っていたけれど…。

医療用脱毛について調べると、効果だけでなく「痛み」についての情報も多く出てきます。わたしは、自分が痛みに強いと思っていたので特に気にしていなかったのですが、ある程度前情報を得ていたほうがよかったかなぁと思いました。いろいろな情報サイトにもあると思いますが、レーザーを照射するときの痛みについて「輪ゴムをパチン、パチン、とはじくような感じ」と説明されました。ですが実際のところ、わたしがお世話になったアリシアクリニック 横浜では大体の時間がそれ以上痛かったです。それによって脱毛を断念しようとは思いませんでしたが、少しきつかったです。痛みに関しては、人によってかなり個人差があるとようですが、基本的に毛の濃さや、部位によってかなり異なるようです。確かに、わたしの場合は脇と腕を照射しましたが、より毛の濃い、脇のほうが痛かったです。具体的に言葉で表現すると、皮膚というより毛穴が強くしびれるような痛み、でしょうか…。後で調べたことですが、レーザー脱毛は毛の発生を促す毛包細胞や、発生元になる毛乳頭を破壊する施術です。そのため、皮膚全体というよりも、毛穴への痛みを感じたようです。痛みが強い場合は麻酔も可能なので、痛みに弱い方や、痛みが強いとされる(毛が濃い)部位を施術したい場合は、検討してもよいと思います。事前に施術の仕組みや、痛みについて知っておくと、安心して施術を受けられると思います。せっかくの施術ですから、満足できる施術になるよう、いろいろな情報をバランスよく得られることをおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です